webnokusoyaro (うぇぶのくそやろう、1991年9月28日 - )は、日本のヒップホップMC。宮城県仙台市出身。アクセス数が平均4程度のブログを狂ったように更新する日々の中で、2016年に気が触れラップを始める。光の速さで6枚のアルバムを発表し、自分が何をしているのか本人もよく分かっていないが、音楽は少し好きなので嬉々として活動している。

以下、活動遍歴のようなものを書いてみました

全部読んでもよく分からないと思います

2016年1月23日

なんとなくラップを始める。ニコ生主が使うような安いマイクとノートパソコンを使って音源を作り続け、3月22日に1stアルバム「ボイスメモ」を発表。30曲入りでビートジャックをメインとした雑なミックステープだが、アルバムと言ってしまえばアルバムなので、CD-Rに焼いて駅前や公園や美術館で配ろうとする。フリーダウンロード作品なので現在でも聴ける。https://www.webnokusoyaro.com/album


 


その後、同時期にネットに音源をポンポンあげていたトラックメイカーのKGYEEとコンタクトを取り、トラックを提供してもらいつつ、少しずつ自分でもトラックを作り始め、同年6月24日に2ndアルバム「ちょっと韻を踏んだ普通の文章」を発表。CDをプレスしないデジタルリリースという形を取り、在庫が発生しないスムーズな生活を送る。

しかし「webnokusoyaro」という名前の人間がウェブでだけで完結するのは面白くないという判断で、自らの足で都内を歩き回り1500円のiTunesカードを1500円で手売りし始める。結果iTunesヒップホップチャート第2位。iTunesチャートのぬるさを痛感する。

※CD-R配ったりiTunesカード売ってたときの様子(twitter)

https://twitter.com/i/moments/1092983816413577216?s=13


 


2016年8月

「2ndアルバム買った人で1stアルバムのCD-R欲しい人いたら自腹で郵送します」という謎の宣言をしていたので、2ndの売上で120円切手を100枚購入し、北は北海道、南はドイツのミュンヘンまで1stアルバムのCD-Rを郵送する。

30曲もある曲名をなぜか1枚1枚手書きで書く。疲労困憊して描いたキツネのイラストがまぁまぁ可愛かったので、のちにTシャツにしたりステッカーにしたりする。
 

同時期、World.Wide.Wordという音楽イベントに呼んでもらいライブを行う。そこでコンタクトを取ってくれた人に、後日「radioDTM」というラジオ番組に呼んでもらい、インタビューを受け、スタジオのイスを持って帰る。http://radio-dtm.jp/page/?p=2362


2016年9月

朦朧とした意識で身体を震わせながら描いたキツネのイラストで、Tシャツとステッカーを作り、「ネットで売るより自分で行った方が早い!」という間違った判断で、歩いて売って回る。売上でサンプラーを購入。
 

2016年10月

知り合いのヲタクにロゴを作ってもらって、自分でも「サイン」を開発した。ぐちゃぐちゃとしてるサイン。


2016年11月

ティーンファッション誌「セブンティーン」の12月号でなぜか紹介される。ティーンの女性ファンが増えた様子はない。
 


2016年12月

ライブをあまりにもやらないので、とりあえず小さな会場を押さえワンマンライブ「疲れたら音を止めて休む」を行う。


 


2017年1月7日

3rdアルバム「へんなうた」を発表。こちらもデジタルリリースなので、1500円のiTunesカードを全国12ヶ所で1500円で売って回った。東京・神奈川・静岡・愛知・岐阜・京都・兵庫・大阪・宮城・福島・栃木・埼玉の12ヶ所。こんなに回る必要はない。iTunesヒップホップチャート第1位。総合チャート16位。

※第2回 iTunesカードを1500円で売る様子 (twitter)

https://twitter.com/i/moments/1095887204046450689

地道な無益活動の甲斐あって、なぜかJ-WAVEの番組で「なんとなく生きてる」という曲が流れ、紹介する気のなさそうなパーソナリティに曲を紹介される。

「radioDTM」という番組に再び呼んでもらい、インタビューを受ける。毎回ラップで言ってない部分は喋らないつもりで収録に臨むが、割と真面目な話をしてしまう。http://radio-dtm.jp/page/?p=2501


2017年2月

やれることが増えてきてやりたいことも増えてきて、その重荷にパソコンが耐えられなくなったので、「新しいパソコンを買うまで何もしたくない」と宣言し制作活動を休止する。

2017年3月

radioDTMの記念イベントに呼んでもらい、深夜の新宿Loftでライブをする。緊張しまくって帰る。新しいパソコンを買い活動再開。ロゴTシャツを作る。


2017年5月~10月
もっとライブをした方がいいと思い、再び小さな会場を押さえワンマンライブ「場数を踏んでみよう」を行い、YouTubeのサブチャンネルを開設。野菜を育て始め、自主レーベル「okasira」を立ち上げる。さらに伸びまくったロン毛をバッサリ切って丸坊主にし、運動と食事制限で体重を15キロ落とした。

同時期に、ngkz(ネガクズ)という映像クリエイターが超宇宙意志という曲を使ってミュージックビデオを作ってくれた。なので動画サイトには僕が作ったバージョンと彼が作ったバージョン (https://www.youtube.com/watch?v=aLnPeHD0ilw) が存在する。

 


2017年11月25日

4thアルバム「試験放送」を発表。1500円のiTunesカードを全国18ヶ所で1500円で売った。北海道・山形・仙台・福島・栃木・埼玉・東京・神奈川・静岡・愛知・岐阜・滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫・岡山・香川の18ヶ所。

 

香川で食べたうどんが凄く美味しかった。一福というお店、あまりにも美味すぎて同じうどんを二回食べた、おすすめ。iTunesヒップホップチャート第2位。総合チャート7位。

神奈川をウロウロしてる際に ngkz(ネガクズ)という映像クリエイターに遭遇し、ミュージックビデオを作ってくれと頼み、一週間で「Scandalas」のミュージックビデオを作ってもらう。

※第3回 iTunesカードを1500円で売る旅まとめ (twitter)

https://twitter.com/i/moments/1100278923915493376



2017年12月

「radioDTM」というラジオ番組に呼んでもらい、また真面目な話をしてしまう。http://radio-dtm.jp/page/?p=5025


 

年末にワンマンライブ「疲れたら音を止めて休む2」を行い、2年連続で奇特な人たちと年末を過ごす。本当は僕は女の子とカウントダウンジャパンとかに行きたい。
 

2018年
年が明け、とりあえずもっとライブをしてみようという判断で、小さな会場を押さえて1月から3月まで月1回、定期公演「そしてまた場数」を行い、ニンテンドースイッチのフレンドコードを印刷したTシャツを大量生産して余りまくる。

2018年4月

急性胃腸炎にかかり苦しみ出演を予定していたイベントを辞退。意識の低さを痛感し数ヶ月後また同じイベントに呼んで頂いてちゃんと出た。

2018年9月15日

「試験放送」のトラックとアカペラのみを収録したインスト盤をリリースする。(2019年9月14日で一旦配信終了)

2018年11月25日

事務的なミスがあり4thアルバム「試験放送」が一旦市場から消え、再度新作としてリリースされややこしくなる。

2019年2月24日

5thアルバム「インサイド」を発売。iTunesカードを持ってまた全国をうろちょろする。今回は福岡まで行った。ダイジェストが雑。初めて訪れた場所は熊本、福岡、山口、広島の4つ。トラックメイカーのKGYEE氏は熊本の人なので会って馬刺しを奢ってもらった。あんまり味がしなかった。iTunesの些細なチャートで1位。

第4回 iTunesカードを1500円で売る旅まとめ (twitter)

https://twitter.com/i/moments/1100284609751769088

2019年3月11日

「radioDTM」に呼んでもらう。1時間でラジオを録り、収録外で6時間ホットパンツの話をして帰る。http://radio-dtm.jp/page/?p=7958

2019年3月

余りまくったTシャツを握りしめ「Tシャツバカ売れツアー2019」を敢行。スタッフもいない単身で新宿、札幌、大阪、で謎にワンマンを行いTシャツがバカ売れする。初の東京以外でのライブに心がやや躍った。

2019年5月

自主レーベル「okasira」を「オカシラミュージックレコード」に改名。今後の活動に何の影響も無い。

2019年11月29日

6thアルバム「もぬけ」を発表。初めての全曲作詞作曲。iTunesヒップホップチャート1位、総合で14位くらい。J-WAVEで曲が流れたりした。この辺は最近のことなので暇になったら丁寧に書く。
 

 

2019年12月3日

MBSラジオの「バービー郡司の深夜教室Q組」という番組のジングルを制作。

2019年12月14日

radioDTM 500th & 10years Anniversary」というなかなかのメンツのイベントに昼ワンマン、夜中は夜中で普通に出演し、何の絡みもないけど書面上 eastern youth との共演を果たす。

2020年1月13日

「6thアルバムの曲を順番にやるライブ」というやたら硬派なライブを行う。MCなしアルバム収録順にそのままやった。前日ほぼ寝てないので目がバッキバキだった。

2020年2月

念願のEPをぼちぼち作り始めるが、感染症の広がりを受けて、微妙に進捗が遅れる。

2020年6月10日

念願の1st EP「ケチなEP」をリリース。6曲入り1528円と非常にケチだったが、iTunesのチンケなチャートで1位、総合で10位。感染症が流行っていたので "iTunesカードを定価で売って回る" などと言った奇行は行わなかった。

2020年7月現在

2ndEPを こそこそ作っている

以上です

なんかよく分かんないと思うので、アルバム聴いて下さい